胆嚢炎 コーヒー 飲み方 注意

胆嚢炎のときのコーヒーの飲み方の注意点

スポンサーリンク

胆嚢炎とコーヒーには関係性があることをご存知でしょうか。
胆嚢炎を予防することと、コーヒーの飲み方には注意しなければならないことをご存知でしょうか。
それでは、どのようなことに注意することが大事なのかについて紹介します。

 

 

【胆嚢炎とは】
胆嚢炎は、文字通り胆嚢に炎症が起こる病気です。
胆嚢の入り口に胆石という石が詰まることによって炎症が起こることがほとんどです。
これを予防するためにはどうしたら良いかということで、コーヒーの出番になるのです。

 

 

【コーヒーの飲み方について】
コーヒーは飲みすぎてしまうとコレステロールを体内に溜め込んでしまうのです。
さらには中性脂肪をも身体に溜め込んでしまいます。
この中性脂肪が溜まることによって、悪玉コレステロールが増えてしまいます。
飲み方によっては、こうしたことが起こる可能性がありますし、結果胆嚢炎になりやすくなる可能性があるのです。

 

スポンサーリンク

 

【適量のコーヒーならば問題なし】
ちなみに、コーヒーの飲み方の注意としては、適量を守ることが出来るならば、胆嚢炎の予防につながるということです。
コーヒーは脂肪燃焼を促す効果があって、コレステロールを減らすことにもつながるわけです。
コレステロールを減らすことによって、胆石が出来にくくなるということで、胆嚢炎へのリスクを減らすことが出来るというわけです。

 

 

【コーヒーの飲み方について】
注意したいのは、やはり飲み方です。
1日に2杯から3杯くらい飲むことにより、胆石が出来にくくなったというデータがあります。
反対に1日に5杯以上飲んでいるという人は胆石が出来やすくなったと言われています。
つまり、飲み方としては1日に2杯から3杯飲むこと、5杯以上は飲まないようにすることを注意したいということです。

 

ちなみに、インスタントのものは反対に胆嚢炎になるリスクを高めると考えられます。
注意としてドリップしたものを飲むことを意識するようにしましょう。
胆嚢炎に関してはこうしたちょっとしたことで予防が出来ることを注意として知っておきましょう。

スポンサーリンク