胆嚢炎 飲酒 影響

胆嚢炎と飲酒の影響について

スポンサーリンク

胆嚢炎になった後もお酒を飲みたいと言う人は後を絶たないでしょう。
実際、飲酒には胆嚢炎に対してどのような影響があるのかを知るチャンスです。
大人にとってはなかなか切り離すことが出来ない飲酒は、胆嚢炎とどのような関係があるのでしょうか。

 

 

【飲まないが一番】
胆嚢炎に対して一番影響を与えないのが飲酒しないことです。
大人にとってはアルコールは生活から切り離すのが難しいものであるとされています。
たとえば病院にて胆嚢炎の治療を受けていると、飲酒をすることにおいて制限を受けていたのであれば、その分は飲みたい気持ちも出ていることでしょう。
実際にアルコールは胆嚢炎のために摘出された後はどのくらいなら飲むことが出来るのでしょう。

 

 

【飲まないのが良いのか】
極論はアルコールを飲まない方が良いことになるのですが、もしもコントロールが難しいというのであれば、安静にする期間を2週間にして、アルコールを飲まないようにしましょう。
飲酒をしない影響では、2週間を過ぎれば良いのか、影響もないのかという話になってくると思いますが、その点はどうでしょうか。

 

スポンサーリンク

 

【どのくらいの飲酒なら良いのか】
飲酒というのを医師に聞いてみると、大体の場合は適量と言われることでしょう。
ただ、適量といわれた場合でも、飲酒の個人差はどうしても出てきますから、それで飲みすぎになってしまうこともあるかもしれません。
ですから、胆嚢炎の手術の後は数週間経過した後からはコップ一杯くらいにしていくのが良いでしょう。

 

もしもこれで満足できれば問題はありませんし、何か影響があってもいけません。
胆嚢自体は胆嚢炎によって機能していないところまで行っていたかもしれませんが、摘出を行っていることもあり、できればアルコールの摂取は控えるようにしたいところです。
どのような影響が出るかが人によって異なるからです。

 

胆嚢炎に限らず、飲酒はしすぎないようにすることを推奨したいところです。
経過と共に、医師と相談をしっかりとして、どのくらいがいいかどうか、影響について問題が無いかどうかをしっかりと見極めるようにすると良いかと思われます。
個人差についてもきちんと見極められると良いでしょう。

スポンサーリンク