胆嚢腺筋症 手術費用

胆嚢腺筋症はどのくらい手術費用がかかるのか

スポンサーリンク

胆嚢関連の病気の一つに胆嚢腺筋症と呼ばれるものがあります。
これは何なのかというと、胆嚢の壁が厚くなる病気です。
胆嚢炎や胆石症の原因になる可能性があるものです。
それでは、この病気について詳しくみていきましょう。

 

 

【胆嚢腺筋症とは】
胆嚢腺筋症とは、胆嚢にある壁が炎症を慢性的に引き起こすことによって発症するというものです。
この炎症がなぜ発生するのかと言いますと、結石が関係しているとされているのです。
胆嚢腺筋症を発症した人の9割が胆石を伴っているのですが、それに関しての症状をあまり感じることはありません。

 

ただ、胆嚢炎を発症したときには腹部に対して違和感、痛みを感じることはあります。
吐き気、膨満感などを感じることもあり、こうした症状が出たときには症状がそれなりに進行していると思っても構わないでしょう。
こうした症状の確認のためには、腹部MRI、腹部CT、腹部超音波検査などが行われます。

 

スポンサーリンク

 

【胆嚢腺筋症の手術費用について】
胆嚢腺筋症に関しては、胆嚢炎を伴う場合には胆嚢摘出手術なるものが行われています。
この手術に関しては、やはり手術費用が気になるところではないでしょうか。
胆嚢腺筋症の手術費用に関しては、保険適用となっていますから、3割負担での利用が可能です。
金額的には13万円から18万円程度での利用が可能です。

 

高額療養費制度が使えるため、手続きをすれば自己負担額を超えた金額は払い戻しされますから安心です。
手術費用はこれでも高額ですから、高額療養費限度額適用認定証の交付を受けておくと良いでしょう。

 

医療機関によって手術費用は異なるケースがありますから、事前に胆嚢腺筋症に関してはどのくらいの手術費用がかかるのかを確認しておくと良いでしょう。
胆嚢腺筋症は、出来れば早期に治療をしておきたいものです。
そのためにも、手術費用について把握をして、いつどうなっても良いように準備をしておきたいものです。
有事に備えるということは、病気に対しては特に重要なものとなるはずです。

スポンサーリンク