胆嚢腺筋病 経過観察 手術の対処

発見が困難である胆嚢腺筋病の経過観察と手術の対処について

スポンサーリンク

消化器医学会においても厄介視されている胆嚢腺筋病と合併症について整理しましょう。
意外と知られていない怖さがあります。

 

 

【どのような治療方法が選択されるか?】
一般的には、胆嚢腺筋病に対する外科的な手術の対処として、胆嚢摘出手術が治療方法として選択されるケースが多いのが胆嚢腺筋病です。
しかし、近年では、投薬による内科的治療方法や経過観察が、ベターな治療方法として選択されるケースも多くなっています。

 

胆嚢腺筋病は一般的には良性病態ではありますが、胆嚢腺筋病の外科的手術の対処として、悪性化する場合や、他部位の癌化、胆石が生じている際には胆嚢摘出手術が別途、手術の対処法として適用されることもあります。
摘出が行われる場合には、腹腔鏡下胆嚢摘出術による手術が適応されることが一般的となっています。

 

症状進行度によっては、長期的な入院と術後感染を防ぐための処置など、長期間を要することが多いとされています。
よって、長期的な療養と、開腹または外科的手術の対処が生じる可能性も考えなければなりません。

 

スポンサーリンク

 

【胆嚢腺筋病の経過観察】
胆嚢腺筋病の経過観察についての報告は極めて少ないのが実情となっています。
挙げられる理由の1つは,経過観察の妥当性や外科的手術の対処をふくめて、完全な医学的および病理学的コンセンサスが得られていないということがあります。
一般的には,手術の適応や手術の対処は、有症状例で胆石の合併があるものや癌との鑑別診断が困難なものにするとされています。

 

また、人間ドックなどの複合的検診において、偶然的に発見されるような、いわゆる無症状例の経過観察についても,癌の合併が疑われなかった症例であり,胆石やポリープがあっても症状を認めなかった症例といったケースが多数であるという臨床報告もあがっています。

 

胆嚢疾患に関する人間ドック臨床報告によると、経過観察を行う中で最も配慮しなければならないのが、胆嚢癌の発生であるとしています。
消化器がん検診学会において、胆嚢癌の早期発見は非常に困難を極めるとされ、胆嚢腺筋病経過観察が、かえって癌化進行を促しかねないといった見地もあり、手術の対処も含めて、医師によって判断の別れるところであるといえます。

 

胆嚢腺筋病は胆嚢壁の慢性炎症で、一般的に良性ですが、胆のうがんなどの重篤疾病の背景疾患となっていますので、万が一発見された場合には、より詳細な検査を受けることをおすすめします。

スポンサーリンク