胆嚢萎縮 理由 原因

胆嚢の病変の一環である胆嚢萎縮の原因や理由は?

スポンサーリンク

胆嚢が様々な原因や理由によって萎縮する病態があります。
この胆嚢萎縮について整理しました。

 

 

【胆嚢萎縮とはどのような病態であるのか?】
急性胆嚢炎や、長期化した病態である慢性胆嚢炎が病変した場合や、胆石や細菌感染による慢性的機会刺激によって生じる、胆嚢の線維化、つまりやせ細ることによって生じる病態のことです。

 

 

【胆嚢萎縮が生じる理由や原因とは何か?】
胆嚢萎縮が生じることにより、胆嚢の線維化が起こったり、胆嚢内壁の局所的異常肥厚などが起こり、結果として、胆嚢の機能が不全を起こすケースが見られます。
発症する主な理由や原因としては、急性胆嚢炎や慢性胆嚢炎による病変や、胆嚢頸部に胆石が嵌頓することによって発症します。

 

しかし、胆石があるからといって必ずしも発症するような病態ではなく、他の肝機能障害や、胆嚢、胆管に生じている様々な病気が理由で、他疾患と併発して生じるケースも見られます。
広くは胆石症と考える医師もいます。

 

スポンサーリンク

 

【胆嚢萎縮の原因や理由となっている胆石とは?その症状は?】
肝臓で生成される胆汁の成分は、主にビリルビン、コレステロール、胆汁酸、レシチンを中心としたリン脂質系です。
生成の過程で、化学的変異や細菌感染が原因となって、主成分の変性によって、結果結晶となり、胆石と呼ばれる形状を示します。
化学的変異や細菌感染による原因以外にも、食生活や生活サイクルが理由や原因となっているとも考えられています。

 

 

【胆石が引き起こすのは胆嚢萎縮だけではない】
一般的には胆石による症状は無症状であることが多いとされていますが、みぞおちの激し痛みを生じることもあり、同時に、右肩や背中に痛みを伴うケースもあるようです。
このような発作は脂肪分の多い食事を摂取した後の夜中に起こるという特徴があり、痛みによる吐き気、嘔吐といった症状を引き起こし、万が一、胆石が胆管に嵌頓してしまっている場合、肝機能に障害が生じたり、黄疸や発熱を伴うことがあり重症化します。

 

 

【胆嚢萎縮が進行するとどうなるか?】
胆嚢萎縮が進行すると胆嚢の石灰化が生じ、機能不全に陥りますので摘出が治療方法として選択されます。
胆嚢萎縮が引き起こされる原因となっているのは、食生活や生活サイクルの他に、細菌感染、胆石が理由となっているケースが多々です。
たかが胆石と侮らず、医療機関に相談し、内科的治療法や外科的治療法によって治療しましょう。

スポンサーリンク