胆嚢萎縮 症状 治療 対策

胆石症が原因である胆嚢萎縮、その症状と対策、治療について

スポンサーリンク

無症状のまま進行する胆嚢萎縮を含めた胆石症、治療法、検査方法の知識を身につけて対策しましょう。

 

 

【胆嚢萎縮の症状とはどのようなものか?対策できるのか?】
閉塞性胆嚢症の1つの病態であるとされています。
主として、胆管に結石した胆石や、細菌感染や肝機能障害よって併発した胆嚢炎の一肉眼形態として認められている疾病であり、男女比でいえば男:女=16:29で、女性に多く、年齢分布では25歳から82歳、平均して59歳の年齢層に見られる疾病であると臨床報告があがっています。
また、60歳代に患者数ピークがあるとされています。

 

胆嚢萎縮によってもたらされる、最も多い症状として、上腹部痛であり、ついで、黄疸ならびに胆道系の炎症と、それに伴う発熱と悪寒、胆管内結石合併症が生じます。

 

 

【がんの関連性はあるのか?】
胆嚢および肝機能障害の病態背景の一環ですので、胆嚢萎縮を発症したからといって癌化するというよりは、急性あるいは慢性胆嚢炎や胆管炎、胆のう癌によって生じる一症状であると捉えられています。

 

スポンサーリンク

 

【胆嚢萎縮を含めた、胆嚢の病変に対する対策とは?治療方法とは?】
胆嚢に病変が生じた場合、多くのケースとして、上腹部痛や黄疸の治療を主訴として来院するケースが多いことから、感じたことのない上腹部痛や黄疸が症状として現れた場合、速やかに医療機関を受診し、治療しましょう。

 

胆嚢萎縮は、胆石が原因となって生じるケースもありますが、胆石が原因となって生じる病態を胆石症といい、胆石症は無症状であることが多いため、術前診断と対策が極めて困難であるとされています。
発見と対策法として、超音波による術前診断、CTによる胆嚢像の確認によって診断されることが多くなっています。

 

胆石症が進行している場合には、必ずしも症状を呈するわけではありませんがみぞおちや、右脇腹に痛みが生じることや、吐き気、嘔吐といった症状、更には、食後1~2時間後または深夜遅くにこれらの症状を繰り返す様になっている場合も胆嚢や肝臓からの危険信号ですので、迅速な治療を開
始する必要があります。

 

これら胆嚢萎縮を含めた広義の胆石症の対策としては、感じたことのない上半身の痛みや嘔気、嘔吐や発熱。
黄疸などを見逃さないことが対策として挙げられるでしょう。

 

進行状況によりますが、治療方法としては、胆嚢摘出あるいは、胆石排除などがありますが、内科的治療法も選択されます。
外科的治療法を選択した場合にも、一般的には短期入院となるケースが多いようです。
胆石症によって胆嚢に生じる疾病を知り、肝臓を含めた消化器への徹底的な検診を一度行いましょう。

スポンサーリンク