胆嚢腺筋症 原因

胆嚢腺筋症の原因、また、どのような病気であるか。

スポンサーリンク

胆嚢腺筋症について、簡潔に整理しました。
基本的な知識を身につけましょう。

 

 

【胆嚢腺筋症とはどのような病気であるか?】
胆嚢腺筋症とは、胆嚢壁に存在する憩室の一種であるロキタンスキー・アショフ洞が増殖したり拡張することによって局所的、または全体的に肥厚化する疾病のことをいいます。
つまり、胆嚢壁が慢性的に炎症を起こして腫れた状態のことを指していいます。

 

胆嚢腺筋症は、身体や生命に重篤な事態を引き起こすような疾病ではありませんが、経過観察が必要となる疾病です。
一般的に炎症自体は胆嚢腺筋症の発見度は一般に0.2〜0.4%となっています。
主に腹部超音波検査、CT、MRI、場合によっては血液検査の胆嚢への検査によって発見されるケースが多くなっています。

 

個々人の病態や、その他の合併症の進行度に依存はしますが、一般に、積極的な治療方法は選択されず、経過観察を選択するケースが多いのが実状です。
胆嚢腺筋症を含め、胆嚢病変が進行している場合には、外科的治療法により摘出するのが一般的となっています。

 

スポンサーリンク

 

【胆嚢腺筋症の原因とは何か?】
胆嚢壁の慢性炎症が原因となっているケースが考えられますが、場合によっては、胆汁が結晶、結石化、胆石が原因となっている場合もあります。

 

 

【胆石が原因となっているその他の疾患は?】
胆石とは、肝臓によって生成された胆汁が、細菌感染や化学的変性などが原因となって結晶化し、結石することによって生じるものです。
胆石が原因となって、胆嚢炎、胆管炎、そしてまれなケースではありますが胆嚢癌などが生じることがあります。

 

胆石化は、その他に食生活が原因となったり、コレステロール値が高いほど胆石が生じやすいとも考えられています。
しかしながら、胆石があるからと言って様々な疾病が必ずしも発症するわけではなりません。
胆嚢内に胆石が存在するのみにおいては、無症状であることも多く、胆のうがんや胆管癌の原因とはなりません。

 

ただし、胆石が胆嚢開口部に結石してしまったりした場合には、これが原因となって腹部の痛み、黄疸、発熱などを生じることとなります。
胆嚢腺筋症は、それ自体に緊急性がある疾患ではありませんが、胆のうがんなどの検診の際に同時に発見されるなど、1つの危険信号であることには代わりありませんので、軽視してはいけません。

スポンサーリンク