胆嚢腺筋症 手術方法

胆嚢腺筋症の手術方法

スポンサーリンク

胆嚢腺筋症という病気があります。
この病気は意外とどのようなものなのかが知られていません。
では、いったいこの病気がどのようなものなのかについて見ていきましょう。
また、手術方法についての紹介をしていきます。

 

 

【胆嚢腺筋症について】
胆嚢腺筋症の症状というのは、胆嚢の中に憩室が増えて、胆嚢の壁の筋肉が厚くなっているというものです。
それだけ見ると特にたいしたことはありませんし、手術をするようなことはありません。

 

ただ、胆嚢腺筋症において問題なのは、胆石や胆汁が胆嚢の内部でたまったり停滞しているような状態です。
それを放置していると、胆嚢がんを引き起こすようなこともありますし、それ以外の病気になるケースも十分に考えられるわけです。
だからこそ治療が必要になるのですが、まずそこで大事なことは、それ以上に過剰な胆汁や胆石を作らせないようにすることとなります。

 

 

【治療の前に】
胆嚢腺筋症に関しては、早期発見が出来れば、食生活を変えるだけでもリスクを大幅に軽減できます。
ただ、胆嚢炎を併発しているというケースがあれば手術が必要になります。
もしも現状問題がないと判断される場合には、経過観察という手段もあります。
ですが、胆嚢がんに近い症状が見られる、そうなるかもしれないと思われた場合には手術が適用される可能性が高くなります。

 

スポンサーリンク

 

【胆嚢腺筋症の治療について】
胆嚢腺筋症自体の手術方法というよりも、胆嚢腺筋症が引き起こすことになる合併症の症状を鎮めるための手術方法となります。
手術方法としては、開腹を行うことによる胆嚢摘出術、もしくは腹腔鏡下胆嚢摘出術というものがあります。
胆嚢腺筋症の程度、炎症の程度によって手術方法は変化するのです。

 

もちろん、手術方法はその他の病気との関連によっても変わってきます。
がんであれば、それに対して適した手術方法が採用されるといった具合です。
それ単体では影響が少ないのですが、合併すると恐ろしいことになる可能性がある病気です。
日頃から生活習慣にはしっかりと気をつけて予防をしておきたいところですね。
それだけでもかなりリスクを減らすことが出来るはずです。

スポンサーリンク