胆嚢ポリープ 原因 食生活 関係

胆嚢ポリープの原因は食生活と関係している

スポンサーリンク

胆嚢ポリープと呼ばれる病気があります。
ポリープだけならば聞いたことがある人もいると思いますが、胆嚢ポリープというのは聞いたことがない人も多いのではないでしょうか。
それでは、この胆嚢ポリープの原因についてみてみましょう。

 

 

【胆嚢ポリープとは】
胆嚢ポリープとは、その名のとおり胆嚢に出来るポリープのことを言います。
検査の際に指摘されることが多いものなのですが、そもそもこれがなぜできるのかということに疑問を持つ人もいるかと思います。
その原因を知っておくのも良いでしょう。

 

 

【原因は何?】
胆嚢ポリープの原因は、食生活が関係しているといわれているのです。
普段から脂肪分の高いものばかりを食べていると、胆嚢ポリープが出来る可能性が高くなるといわれているのです。
たとえば、脂身の多い肉、ハムなどの加工食品、油を使ったスナック類、チョコレートやクッキーなどを中心に食べている人はこの病気になりやすい傾向があるのです。

 

病気になっておかしいと思ったら、ここに原因があると見て間違いありません。
他にもしかしたら原因があるのかもしれませんが、おそらく食べ物が関係していることであり、それ以外には考えられません。

 

スポンサーリンク

 

【食生活の改善】
では、食生活が関係しているということですから、普段の食生活を振り返ってみましょう。
バランスの取れた食生活をしているでしょうか。
この点にはしっかりとこだわるべきだと思われますから、しっかりと意識してみると良いかと思われます。

 

 

【こんな人に多い】
食生活との関係もありますが、働き盛りといわれている40代から50代の人に多いといわれています。
男女合わせたときに、大体1割くらいの割合で胆嚢ポリープが見つかっています。
これは、基礎代謝が落ちていることに関係があるとされていて、食生活が変わらないとしても、脂肪がつきやすい、太りやすいというところがあったりして、結果的にそれが胆嚢ポリープになってしまうということです。

 

ほぼほぼ自覚症状は無いのですが、予防のためにも食生活の関係に関してはしっかりと見直しを知ることが大事です。
肉よりも魚介類、油料理にはごま油などを使う、糖分の摂取量を抑えるなどといったことをしっかりと意識すると良いかと思われます。
食べ物は大きな原因や関係があることを忘れないようにしましょう。

スポンサーリンク