胆嚢ポリープ 大きさ 手術 基準

胆嚢ポリープの大きさと手術の基準について

スポンサーリンク

胆嚢ポリープは、食生活が原因で出来るものだと言われています。
それ自体はたいしたことはないと言われているのですが、時には手術をしなければならないとも言われます。
では、胆嚢ポリープを手術する場合の大きさの基準はどのようなものなのでしょう。

 

 

【胆嚢ポリープは経過観察が主】
この症状において、基準になるのが腫瘍の大きさです。
最初の基準としては5ミリ以下の胆嚢ポリープはほとんどが良性ということもあって、特別な治療がいらないのです。

 

ただ、1年ごとに超音波検査による定期検査を受け、大きさをチェックしていくのです。
基準として大きさが6ミリから10ミリの場合には、半年ごとに検査を行ってがんになっていないかをチェックする必要があります。
この大きさであっても、良性と判断されたものに関しては、経過観察のみでの対応が一般的です。

 

 

【手術が必要な胆嚢ポリープ】
実際のところ、10ミリを超えるポリープに関しては25%の確率でがんになるといわれています。
そのため、胆嚢摘出手術が行われることになります。
基準としては大きさ以外にも久喜の大きさも大事なポイントになっており、幅広い場合にもがんが疑われますから治療の必要があるのです。

 

スポンサーリンク

 

【手術について】
基準としてサイズが10ミリを超える、もしくは茎が幅広い場合において手術の可能性が出てくるわけですが、悪性の腫瘍である可能性が高いときには開腹手術が行われます。
腹腔鏡を使う、もしくは普通に開腹するといった2種類の手術から選択するわけです。
どのくらいの程度なのかというのもしっかりと見た上で、手術後の治療方針などが決まっていきます。

 

胆嚢ポリープは、良性がほとんどなのですが、大きさによっては悪性の可能性あることを覚えておきたいところです。
とは言え、検査の結果見つかることがほとんどですから、大きさを聞いて、基準よりも小さなものであれば安心しても良いでしょう。
いずれにせよ、胆嚢ポリープの予防のためにも食生活には十分に気を使いたいものですね。

スポンサーリンク